Sangoport

性別、年齢、国籍に関係ない採用情報に強い転職サイト

2021年11月8日

ベビーシッターは贅沢?子どもをちょっと預けたいパパ・ママ必見!「ファミリーサポートセンター」を知っていますか?

  • 子育てしながら

子育てをしていく上で必ず必要になってくるのが、外部の支援です。
子育ては、家族でしないと!自分がしないと!ひとりでしないと!
なんて思っていませんか?

頑張る気持ちは素敵ですが、無理をし過ぎてはいませんか?
自分以外、家族以外のサポートもしっかり受ける事が子育てのコツ!
全国にはサポート制度がたくさんあります。
子育ての先輩や専門知識を持ったプロに助けてもらいながら、楽しく子育てできたらいいですよね!

今回はたくさんあるサポート制度の中から、ファミリーサポートセンターについてご紹介します。

ファミリーサポートセンターとは?

育児の援助を受けたい方(依頼会員)と行いたい方(提供会員)のお手伝い(引き合わせと連絡)をする組織が、ファミリーサポートセンターです。市区町村ごとに実施されています。
自治体によって制度の内容に違いがありますが、渋谷区を例にあげてみましょう。

<トピック>

  • 利用対象者と利用例
  • 提供会員について
  • 利用料金
  • 保険
  • 上手に活用するには

利用対象者と利用例

区内在住で、生後6か月から小学校3年生までの子どもを育てている方が利用可能です。

例えば、
・保育園や習い事の送り迎えをしてほしい
・買い物の間子供を預かってほしい
・体調が悪いので子供を預かってほしい
・冠婚葬祭などの急用時に子供を預かってほしい
・会議の間子供を預かってほしい
・子育ての悩みを相談したい

そんな時にファミリーサポートセンターのアドバイザーが依頼会員と提供会員とのマッチングをサポートしてくれます。

提供会員について

預かってくれるのはこんな方々
・子供好き
・子育て経験を活かしたい
・子育ての援助をしたい
そんな方が提供会員となり子供を預かってくれます。

もちろん自治体による安全・事故対策も含めた特別な講習を受けている方々です。
利用前に事前に顔合わせも行われるので、安心して利用できます。

基本的に提供会員の自宅で預かってくれますが、自治体によっては児童館や子育て支援センターのような建物内で、預かる場合もあります。

利用料金

渋谷区の場合、平日(6:00~22:00)800円・土日祝日(6:00~22:00) 1,000円で利用できます。
他の自治体も昼間ならだいたい1時間500~1000円程度で、夜間や休日は割増になります。

1時間単位での利用料金を活動報酬として、その都度提供会員に手渡します。
会員登録料や年会費などは必要なく、センターへの支払いもありません。
依頼会員と提供会員の間に雇用関係はなく、あくまでも善意で行われる相互援助活動の為、民間のベビーシッターに比べるとかなり安価で利用できます。
お礼の気持ちとしてお支払いしましょう。

保険

‟地域子育て支援事業補償保険”に加入しています。
この保険はファミリーサポートセンター事業を実施する自治体の為の保険で、活動中に依頼会員や提供会員が傷害を被った場合や、提供会員が法律上の損害賠償を負った場合に保障を行うためです。
万が一、双方に怪我や事故があった場合に備えています。

上手に活用するには

民間のベビーシッターを活用する方法もありますが、金額が大きくなかなか気軽に利用できませんよね。
最近ではSNSで個人的に知り合い、安く依頼した結果事故に繋がった、なんていうトラブルも耳にします。
それに比べ、安心して利用できるのがファミリーサポートセンターのポイント。
アドバイザーにしっかり相談し、きちんと研修を受けた子育てのプロにお願いできる。
しかも800円だと1時間だけお願いしようかな、なんて思いますよね。
ここで注意したいのが、急用に備えて日頃から利用しておく事です。
急いでいる時に初めて利用するとなると、手続きに時間がかかったり、どんな方が預かってくれるのかちょっぴり不安ですよね?
アドバイザーは会員同士の間に立って、マッチングや調整をしてくれます。
お互いにどんな方か、どんなお子さんかを分かってもらえていれば、今すぐ預かってほしい!なんて時も安心して預けられるのではないでしょうか。
日頃からサポートを利用し、ご自身はお子さんを預ける練習を、お子さんには預けられる練習をしてもらっておきましょう。

今回は渋谷区を例に上げましたが、サポート内容は自治体によって様々です。
まずはご自身の自治体のファミリーサポートセンターに問い合わせをし、どんなサポートが受けられるのか、どんな手続きや準備が必要なのかを確認しましょう。
悩んだ時、まずはアドバイザーに話を聞いてもらうのもひとつの手です。

子育て支援制度を上手に活用し、時間と心にゆとりを持ちませんか? 

参考:
渋谷区公式サイト
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/kosodate/fm_support/index.html
東京都福祉保健局
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/famisapo.html
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/kosodate/index.html



【おすすめ!インタビュー記事】
仕事と育児の両立をしている秘書 Moeさんのインタビュー
総合MVPを受賞された広報兼D&I推進室室長 Kyokoさんのインタビュー
不妊治療や待機児童といった多くの経験をされた広報 Junkoさんのインタビュー
海外で働く秘書 Rieさんのインタビュー

就職活動において、だれもが自分自身の働き方に合った仕事を見つけるのが困難でした。しかし、昨今の働き改革浸透で働くことへの考え方、働き方の考え方(時短、リモートワーク、週3勤務など)が社会全体で変わってきました。本サービスではご利用いただくユーザー様が”はたらく”を通して社会とのかかわりを通して、人生が豊かになるよう厳選した採用情報を紹介させていただきます。

転職エージェントとして転職サポートをさせていただきます!
求人情報やはたらくに関する様々な情報を紹介させていただきます。

求人サイトの登録はこちら
ホームへ戻る